会計を学ばずに複業・起業するのはキケン!


日頃、フリーランスや副業(複業)ワーカーの方の会計サポートをさせていただいておりますが、複業がやりやすくなった分、会計を学ばずに事業をやる方がとても多いです。

私自身も偉そうなことは決して言える立場ではなく、24歳で会社員を辞めて個人事業主になり、その1年後に株式会社を設立しました時も、今考えれば全然知らなかったなと思います。

1,2冊は管理会計についての本を読んだり、決算書の読み方の本を読んだりしていました。


そもそも会計とは何なのか?

これは、みなさんがご家庭でつけているような「家計簿」と似ており、

『収入』と『支出』が、

  • 収益(売上)になるのか?
  • 費用になるのか?
  • 負債になるのか?
  • 資産になるのか?
  • 純資産になるのか?

を見ていくものが会計です。(当然、これにはプラスもあればマイナスもあります)

このお金の流れを、種類ごとに細かく分けていく作業を『仕訳』と言い、それを集計して、BS(貸借対照表)PL(損益計算書)CS(キャッシュフロー計算書)と言われる表をにしていくのが『決算』です。


BSやPLなどについては、次回お伝えします。


--今日も素敵な1日に感謝です。

FPオフィス KOAKINAIパートナーズ

FP(ファイナンシャル・プランナー)オフィスKOAKINAIパートナーズ。 ”KOAKINAI”=小商いのこと。小商いとは、僅かな元手で小さく始める商売のこと。そんな小商いを行うスモールビジネスオーナーの方を対象にした会計サポート、経済セミナー、相続対策サポートを行っております。拠点は大阪市ですが、リモートでの対応もできるだけ対応させていただきます。